汗はなぜ出るのか?汗が出る原因やメカニズムについて

汗 原因 画像暑さを感じた時や緊張した時など、汗は体から自然と出てきます。

汗が体にとって大切な働きをすることは「何となく」知っている
という人が多いと思います。

 

しかし、どうして無意識のうちに汗が流れるのか、汗自体に
どんな働きがあるのか詳しく知らない人がほとんどだと思います。

 

ここでは汗が出る仕組みや働きについて解説したいと思います。

 

 

汗が出るメカニズム

 

汗の主な働きというのは、ご存知の通り「体温の調節」です。

 

体に熱がこもってしまわないように、そして体温をある程度
一定の状態に保つように皮膚から汗を出すことで熱を発散します。

 

内臓機能を正常に働かせ、かつ人体を保つために人間は体温を
36〜37℃にキープしています。
そのために発汗が重要な役割を果たしますが、汗をかけず体温が
上昇を続けると45℃前後で死んでしまうと考えられています。

 

その他にも老廃物の排出という点から腎臓機能のサポートや、
皮膚の乾燥を防ぐ働きもあるとされています。

 

汗 原因 画像

 

汗が出る「汗腺」には2種類あります。

 

ひとつは「エクリン腺」というもので、全身の皮膚全体に存在し、
皮膚の表面に汗を流し、熱を放出します。

 

エクリン腺から出る汗は無色透明、そのままの状態ではニオイは
しませんが、菌が繁殖することでいわゆる「汗臭さ」を発します。

 

もうひとつは「アポクリン腺」です。
脇や耳、外陰部などごく一部に存在し思春期頃から働き出します。

 

出てくる汗は濁った色でべたつきがあり、服に黄色い汗ジミを
作るのはアポクリン腺から出た汗です。
特有のニオイを持ち「わきが」もこの汗腺が原因で起こります。

 

汗 原因 画像

 

また、最近では常にエアコンの効いた室内で過ごしたりすることで
汗をかく機会が減っているとも言われています。

 

そういった状態が続くと汗腺が機能低下してしまい、必要な時に
汗をかけなくなってしまうという状態に陥ります。

 

うまく汗をかけなくなると体温調節に支障をきたすだけでなく、
疲労感や熱中症を引き起こしたり、体臭を強くする原因にも
なると考えられています。

 

 

発汗の種類について

 

汗をかく主なタイミングはやはり暑さを感じた時だと思いますが
発汗する状況は他にもあります。

 

温熱性発汗

汗 原因 画像
気温が上昇した時や、運動・食事などをすると体温が上昇します。
その上昇を一定で抑えるために、全身に存在するエクリン腺から
汗が分泌されます。こうして体温の調節を行うために汗が
出ることを「温熱性発汗」と呼ばれています。

 

精神性発汗

人前に出て話をしたり、大事なテストや仕事がある時など、
緊張する場面で汗が流れることを「精神性発汗」と呼びます。
“冷や汗”とも呼ばれ、交感神経が刺激されることで分泌され
特に手のひらやおでこ、脇の下などから発汗します。

 

味覚性発汗

汗 原因 画像
辛いものを食べた時に発汗することを「味覚性発汗」と呼びます。
おでこや鼻など主に顔から汗が分泌されます。