汗が出ないように抑えるための予防方法はあるのか?

汗 予防 画像気づかないうちに脇汗が出ていて服にシミが出来てしまっていた、

顔に汗をかいてメイクがすぐに崩れてしまう…など、
汗は体にとって大切なものではあるものの状況によっては
悩みの種となり抑えたいものでもあります。

 

ここでは汗を抑えるための方法を紹介したいと思います。

 

 

リンパ節を冷やす

 

比較的効果が早くあらわれる方法として、効果的な部分に冷たい
ものを当てて冷やすというものがあります。

 

特に暑さを感じた時に発汗する状況下で効果があり、汗が出てきて
しまってから行うと早くひくサポートになります。

 

冷やすと効果的だとされている部分が「リンパ節」です。
全身をめぐるリンパ液や血液を冷やすことで全身の体温が下がり
やすくなるのです。

 

汗 予防 画像

 

具体的には首の後ろ、脇の下、左の鎖骨下、足の付け根、膝の裏。

 

他にも皮膚が薄く血管を冷やしやすいひじの内側なども有効です。

 

濡らしたタオルや保冷剤、冷却シートなどを使って、それらの
部分を冷やすことで徐々に汗がひき、その後も汗が出にくくなります。

 

ただし、効果はそれほど長く続かず、また体が温まってくると
汗が出てきてしまうのでこまめに(継続的に)冷やす必要があります。

 

 

ツボを刺激する

 

汗を抑える効果があるとされるツボもいくつか存在します。

 

後谿(こうけい)

手の平を内側に向けて軽く握ると、小指の付け根下が少し飛び
出てきます。その側面部分が「後谿」。ペンのお尻部分や指で
数回押すようにしましょう。

 

合谷(ごうこく)

汗 予防 画像
肩こりや頭痛、歯痛の抑制などさまざまな効果がある万能ツボ
として知られている「合谷」は汗を抑える働きもあります。

 

人差し指と親指の骨が合流する地点の内側のくぼみにあり、
見つけやすく自分でも刺激しやすいのでぜひ覚えておきましょう。

 

 

さらに、胸の上や横(体の側面)にも汗を止める効果の高いツボ
いくつか存在します。

 

そのため胸のあたりを締めつけておくと顔に汗をかきにくくなると
され、舞妓さんなどはこれを利用して着物の帯できつく締め、
化粧崩れを防いでいるのです。

 

 

食生活、体質の改善

汗 予防 画像

 

脂っこいものや肉食が多い欧米化した食事内容は汗をかきやすい
体質にしてしまうと言われています。

 

肥満であることも汗をかきやすくなる条件になってしまいます。
皮膚から熱を放出する際、脂肪が邪魔をしてうまく出すことが
出来ず、汗をかいて体温を下げることになるからです。

 

また、香辛料や刺激物を多く使用した食事も汗をかく原因と
なるので状況を選んで食べるようにしましょう。

 

 

脇汗を止めるクリームの利用

 

手軽なケアながら非常に効果的なものとして人気が高いのが
脇汗を止めるクリームです。

 

一口に「脇汗を止めるクリーム」といっても種類はさまざまあり、香りで
汗のニオイを抑える防臭効果の高いタイプから、1度塗るだけで
塗布部分から出る汗を数日間抑える効果があるタイプまで
多種多様です。

 

特に、肌に塗って汗自体を抑えることで菌やニオイの発生も
防いでくれるタイプに人気が集まっています。

 

 

手術や注射などの専門治療

汗 予防 画像

 

抵抗がある人も少なくないと思いますが、多汗症やわきがなど
自分のケアでは改善が見られず本気で悩んでいる場合などは
専門のクリニックや病院で薬を処方してもらったり、治療を
受けるという選択肢もあります。

 

汗止めのボトックス注射は体への負担が少なく、1回10分程度で
終わる手軽なものですが、効果は永久ではないため定期的に受ける
必要があります。

 

また、汗を出す交感神経を切るなどして部分的に汗を抑える
手術もあります。