脇汗を止めるクリーム・制汗剤の種類と効果的な使い方とは?

脇汗を止めるクリームにはさまざまな種類があります。ここではその種類と
効果的で安全な使い方を紹介していきます。

 

 

脇汗を止めるクリームの種類

 

クリーム、ジェルタイプ

脇汗を止めるクリーム 種類 画像

 

ニオイを抑えるだけでなく汗自体を抑える制汗作用の高いタイプは
肌への密着度が高いクリームやジェル状のものが多いようです。

 

容器はチューブやプッシュボトルが一般的で、これらの場合
肌に直接つけない分清潔に保てるというメリットや量の調節が
しやすいという特徴があります。

 

 

ロールオン(ローション)タイプ

脇汗を止めるクリーム 種類 画像

 

対象部分に直接つけられるため、手が汚れず外出先などでは
使いやすいというメリットがあります。
ローションのため乾きやすいことからも、日中の塗り直しに最適。

 

 

スプレータイプ

 

特にニオイを抑えるデオドラント効果が高い商品に多いのが
パウダースプレータイプです。
サラサラ状態にしてくれる働きもあるので、汗をかいた後の
一時的な至急のケアに向いている手軽な商品です。

 

 

脇汗を止めるクリームの効果的な使い方

 

使い方や使用量については、もちろん商品ごとに異なりますので
それぞれの説明に従うことが基本ですが、効果をきちんと発揮
させるためのポイントがいくつか共通してありますので紹介します。

 

使用前は必ず清潔にすること

脇汗を止めるクリーム 使い方 画像

 

特にスプレータイプなどは汗をかいてから使用するイメージも
ありますが、ここで紹介したような汗を元から抑えるタイプの
脇汗を止めるクリームは汗をかく前に使用することが大切です。

 

そのため入浴後などの清潔な状態で使うことで効果が持続し、
正しい状態で効果が発揮されるのです。

 

日中に塗り直しなどをする場合でも、一度濡れタオルなどで
対象部分を拭いてから塗布するようにしましょう。

 

汚れや汗がある状態で塗ってしまうと密着度が低く、流れやすく
なってしまうので注意して下さい。

 

 

重ね付けはしっかり乾燥させてから

 

効果をより発揮させるために、2度塗りすることが推奨されている
商品もありますが、その時は1度塗った後少し時間をおいて乾燥
させてから重ねて塗るとより効果的です。

 

 

目安量、回数を守ること

脇汗を止めるクリーム 使い方 画像

 

効果の高い脇汗を止めるクリームには、医療機関などでも使用されることのある
制汗成分や殺菌・抗菌成分が含まれていることがあります。

 

そのため、指定されている使用目安量や回数を超えると肌に
負担をかけてしまう
可能性もあるので、あまり超えないように
注意して使用するようにして下さい。

 

過剰に使用しても効果が高まるとは限らないので、1日1〜2回の使用を
目安にして肌状態や制汗、消臭効果の様子を見るようにしましょう。

 

 

脱毛処理前後は使用を控える

脇汗を止めるクリーム 使い方 画像

 

脇汗のケアをする時に注意したいのが、脱毛や除毛ケア後の使用です。

 

毛の処理をした後は肌の状態が非常にデリケートになっているため
普段であれば問題なく使用できるクリームやローションなども
刺激を感じたり、赤みが出たりする可能性があります。

 

商品ごとに「脱毛処理後は●●日使用しないで下さい」という
注意書きがある場合はそれに従い、ない場合でも少なくとも
2〜3日は様子を見てから使用するようにしましょう。

 

 

抑えたい汗の出る場所に合わせて商品を選ぶ

 

汗には「エクリン腺」から出るものと「アポクリン腺」から出る
2種類があり、それぞれその特徴も異なります。

 

そのためそれぞれに効果がある成分なども変わってくるので、
気になる症状にあわせて商品を選ぶ必要があります。

 

特にアポクリン腺から出るべたつきやニオイの強い汗が出るなど
わきが体質の場合はわきがに効果があるとされるものを選ぶと
より効果を感じられます。

 

逆に手汗や顔の汗を抑えたい場合は「エクリン腺」から出る汗を
抑える作用の高い商品を選ぶようにしましょう。